バランシングゲル 使い方 | 使い心地(テクスチャーや浸透性)

バランシングゲル

購入した当日の夜さっそく、初めてバランシングゲルを使ってみたときのレビューです。

製品は 注文後、ほぼ 1週間で届きます。

梱包は丁寧で、いろんなチラシ類が同梱されてます。

バランシングゲル、使い方と使い心地

バランシングゲルの使い方とその使い心地をレポートします。

使い方については スピカズ公式サイトに掲載されていた手順に従ってやりました。

スピカズ公式サイトより

テクスチャー | 思いのほかサラッとする

テクスチャーは、ほんの少しオイリーな感じがするけど、

伸ばしてみると思いのほかサラッとしてます。

伸ばしきった直後で、すでにベタつきは感じません。

使い方 | あらかじめ顔の5点にポンポンポン

実際、顔にバランシングゲルをつけていきます。

私は いつもあらかじめ 顔の 5点(おでこ、両ほほ、鼻先、あご)にポンポンポンとつけます。

最初は ①Tゾーン、鼻からおでこにかけてクルクルと伸ばしていきます。

次に ②小鼻から両ほほにかけてクルクルと。

最後に ③あごから両ほほにかけて下から持ち上げるようにクルクルと伸ばしていきます。

私は せっかちなので、ちゃっちゃっとやっちゃうほうだから、この間だいたい1~2分くらいでUP。

使い心地 | サラッとしてモッチリ感たっぷり

伸ばし終えた後は、肌への成分浸透を助けるため、おでこや両ほほをじっくりとハンドプレスしながら、ほんの数秒間じっとします。

最初のベタつきは すぐになくなり意外とさらっとしますが、保湿感、もっちり感はしっかり残ります。

モロモロ?もちろん全く出ませんでしたよ ^^

保湿感は 翌朝の洗顔時に鏡を見たときまで持続していました。

私がバランシングゲルに期待していたのがこの保湿力だったので、まずは合格。

買う前には必ず成分を調べてから判断していて、今回注目していた成分が セラミド、プロテオグリカン、糖化予防成分です。 》 セラミド、プロテオグリカン、糖化について

使うタイミング | 夜派 or 朝派

私がバランシングゲルを使うタイミングは 入浴後になると思います。なぜなら入浴で一番大事にしてるのが洗顔(私は泥洗顔派)だから。

お風呂で正しい洗顔をし、毛穴をきれいにしておけば 保湿成分や美容成分がしっかり浸透します。

私は オールインワンゲルを朝使ったことはないんですが、友だちには朝派もいます。

オールインのメリットは時短ということもあるので、自分のライフスタイルに合わせて自由に使い分ければいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました