モロモロってなんだ?| 化粧品のモロモロ 対処法

スキンケア

まずモロモロとは ベースメイク(化粧下地)を施してるときに出る消しゴムカスのようなもの。

ピーリングのときに出る老廃物の角質や垢じゃありません(似てるけど)。

いざ、これから出かけようとするときのメイクでモロモロが出ると、凹みますよねー。

モロモロが出る原因や出やすい化粧品、どんな条件が揃うとモロモロが出るのか?などを見ていきながら対処法をまとめてます。

どうしてモロモロが出るの?

ほとんどの方が、スキンケアやベースメイク中のモロモロに一度は遭遇してると思います。

初めてのモロモロを経験したときって、その原因もモロモロが何なのかもわけわからずに顔を洗い直してみたりなど、プチパニックだったんではないでしょうか。まさにヒェ~な、未知との遭遇。

モロモロの原因と出やすい化粧品 | オールインワンゲル

モロモロでもっとも多いのは 化粧品の成分としてよく使われている増粘剤のカルボマー(カルボキシビニルポリマー)がおもな原因。

もうひとつは 化粧品の組み合わせ。美容液(セラム)と乳液(エマルジョン)の成分相性が合わないときなどもモロモロが出たりします。

モロモロが出やすい化粧品の代表は オールインワンゲル。

市販されてるほぼすべてのオールインワンゲルの成分にカルボマーが配合されてますが、各社成分配合が微妙に違うため、必ずモロモロが出るわけではありません。

カルボマー(カルボキシビニルポリマー)について

カルボマーは 半世紀以上に渡って化粧品の増粘剤として使われ続けている安全性が証明されてる成分。

化粧品成分を馴染ませるために、かつては界面活性剤が よく使われていました。

しかし、界面活性剤の安全性が疑われるようになり、より安全で変質も少なく安定(腐敗しにくく、微生物の汚染にも強い)したカルボマーがそれに取って代わりました。

現在は乳液やオールインワンゲルに欠かせない成分ですが、実際の配合量は 1%以下

微量でも高い保水力と増粘効果があることで、今では化粧品に配合された素材を安定させる欠かせない成分の一つです。

モロモロが出る条件 | 急いでるときほど

モロモロは 次のような条件が出揃うと出たりします。

急いでるとき、化粧水などが肌に馴染む前にすぐ下地を重ねたりしたことってありますよね。

このように化粧水、そして美容液や乳液が肌に浸透する前(肌が湿ったまま)にベースメイクをしたときなどが 一番モロモロが出る条件が整います。

健康な肌ほどモロモロが出やすい?

幸か不幸か、肌のキメが細かい人や皮膚細胞のヒアルロン酸が足りている いわゆる健康肌はモロモロが出やすい、という事実もあります。なんだか喜んでいいのやら…

健康な肌に栄養成分を浸透させようとしても、すでに栄養成分が細胞内で飽和状態のため、それ以上浸透しない=モロモロになる。ということですね。

そういった方は 美容液などの量を減らして使ってみてください。

モロモロ 対処法 | ①コットンを使う ②浸透させる ③こすらない

モロモロが出ないようにする対処法ですが、ポイントは 3つです。

①コットンを使う:化粧水はコットンを使うと肌へスムーズに浸透します。ただし、繊維が残らない質の良いコットンを使ってください。

②浸透させる:化粧下地(ベースメイク)は 化粧水、美容液、乳液が肌に浸透し終わってから(オールインワンゲルも同様)。
※BBクリーム、CCクリームを使うときも先に塗ったものが乾いてからにしましょう。

③こすらない:化粧下地の塗り方のコツは 塗り広げるというよりは ポンポンと叩き込むイメージで。
伸ばすではなく、肌に乗せていくやり方で、けっしてこすらないようにしましょう。

基礎化粧品同士の相性など、当初は いろいろな試行錯誤があると思いますが、そのうち自分なりのメイクのコツが掴めてくると思います。

トラブルには早めに手を打って、これからのスキンケア・メイクアップライフを楽しんでください。

》 セラミド、プロテオグリカン、糖化とは
》 正しい洗顔方法
》 ラメラ構造とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました